国内外ニュース

環境相「ヒアリは未定着」 全国68港、発見は清水と広島

 中川雅治環境相は5日の閣議後記者会見で、全国68港湾を対象とした南米原産の強毒アリ「ヒアリ」の生息調査の中間状況を明らかにした。大半の港湾で1巡目の調査を終え、これまでに発見されたのは清水港と広島港の2港にとどまった。中川氏は「国内に定着している状況にはない」との認識を示した。

 68港湾は、海外のヒアリ定着国からの定期コンテナ航路がある。目視で調査した上、捕獲用容器を1港湾につき数百個設置し、容器に入ったアリがヒアリかどうかを確認した。

 調査は8月から始め、9月5日までに1港湾を除いて終了した。各港湾では同様の調査の2巡目、3巡目を11月まで行う。

(9月5日11時55分)

社会(9月5日)