国内外ニュース

韓国、国防相の発言で火消し 「戦術核」と「小型化」

 【ソウル共同】韓国国防省報道官は5日の記者会見で、宋永武国防相が4日に国会で、1991年に在韓米軍から撤去されたとみられる戦術核兵器の再配備の検討が必要だと述べた発言について、朝鮮半島の非核化を実現するとの韓国政府の原則に「変わりはない」として、宋氏の発言は政府方針と異なると火消しを図った。

 また北朝鮮が核弾頭の重量を500キロ以下に軽量化や小型化することに成功したと宋氏が国会で述べたことについても、北朝鮮メディアが報じた写真に写る「水爆」とみられる物体の大きさを見て述べたものだと弁明した。宋氏には発言が軽率だとの批判が高まりそうだ。

(9月5日12時21分)

国際(9月5日)