国内外ニュース

BRICS、途上国と連携 欧米への対抗軸狙い

 「BRICSプラス」の関連会合を前に、記念写真に納まる中国の習近平国家主席(左から5人目)ら各国首脳=5日、中国福建省アモイ市(共同)  「BRICSプラス」の関連会合を前に、記念写真に納まる中国の習近平国家主席(左から5人目)ら各国首脳=5日、中国福建省アモイ市(共同)  「BRICSプラス」の関連会合を前に、記念撮影で手を振る(左から)ロシアのプーチン大統領、中国の習近平国家主席、エジプトのシシ大統領=5日、中国福建省アモイ市(共同)  「BRICSプラス」の関連会合を前に、記念撮影で手を振る(左から)ロシアのプーチン大統領、中国の習近平国家主席、エジプトのシシ大統領=5日、中国福建省アモイ市(共同)
 【アモイ共同】ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカの新興5カ国(BRICS)首脳と他の発展途上国5カ国の首脳が、連携強化の方策について協議する「BRICSプラス」の関連会合が5日、中国福建省アモイ市で開かれた。

 BRICSには、他の途上国を引き入れることで、国際社会を主導する欧米への対抗軸として存在感を高める狙いがある。

 中国の習近平国家主席は会合で、発展途上国支援のために中国が5億ドル(約550億円)を拠出すると明らかにした。

(9月5日12時36分)

国際(9月5日)