国内外ニュース

「未来技術遺産」にトリニトロン 15件を選定、人型ロボットも

 ソニーの36型HD(ハイビジョン)トリニトロンカラーテレビ(ソニー提供)  ソニーの36型HD(ハイビジョン)トリニトロンカラーテレビ(ソニー提供)
 国立科学博物館は5日、未来に引き継ぐのにふさわしい「重要科学技術史資料(愛称・未来技術遺産)」に、鮮明な映像で一時代を築いたソニーのトリニトロンカラーテレビや、人間型ロボット、写真のネガフィルムなど新たに15件を選んだと発表した。

 トリニトロンと呼ばれるブラウン管を使ったカラーテレビは1968年から発売された。今回選ばれたのは90年に登場した36型テレビで、アナログ方式の放送の時代にハイビジョンテレビが普及する先駆けとなった。

 人間型ロボット「HRP2プロメテ」は、産業技術総合研究所と、川田工業(現・カワダロボティクス)が2003年に製作した。

(9月5日14時31分)

暮らし・話題(9月5日)