国内外ニュース

豪栄道と高安が激しい稽古 二所連合、大関同士で

 二所ノ関一門の連合稽古で、激しい三番稽古を行った高安(手前)と豪栄道(奥左)=東京都江東区の尾車部屋  二所ノ関一門の連合稽古で、激しい三番稽古を行った高安(手前)と豪栄道(奥左)=東京都江東区の尾車部屋
 大相撲秋場所(10日初日・両国国技館)に向けた二所ノ関一門の連合稽古が5日、東京都江東区の尾車部屋で行われ、豪栄道と高安の両大関が激しい三番稽古(同じ相手と続けて取る)を行った。7勝4敗と勝ち越した豪栄道は「圧力が伝わっている。ある程度仕上がった」と自信を見せた。

 出羽海一門から参加の豪栄道は踏み込みが鋭かった。今場所と同じかど番で臨んだ昨年秋場所では、全勝で初優勝を果たした。「あれから全く活躍できていない。優勝を目指してやらないといけない」と目標を挙げた。

 高安は左四つになった時以外は力を出せず「攻め手が足りない。後手に回っている」と厳しい表情。

(9月5日15時31分)

相撲(9月5日)