国内外ニュース

全給油所を「ENEOS」に JXTG、運営を効率化

 ガソリンスタンドに掲げられる(左上から時計回りに)「エネオス」「エッソ」「モービル」「ゼネラル」の看板  ガソリンスタンドに掲げられる(左上から時計回りに)「エネオス」「エッソ」「モービル」「ゼネラル」の看板
 JXTGエネルギーが、四つある給油所(ガソリンスタンド)のブランドを全て「ENEOS(エネオス)」に一本化する方針を固めたことが5日、分かった。数年かけて切り替えを完了させる見通し。ガソリン需要が縮小する中で、ブランドを統一して運営を効率化し、消費者の利便性を高める狙い。

 JXTGエネルギーは、旧JXエネルギーと旧東燃ゼネラル石油が今年4月に合併して発足した。東燃ゼネラルが使っていた「エッソ」と「モービル」「ゼネラル」のブランドの給油所計3千カ所強と、JXのENEOSの約1万カ所を併用している。

(9月5日16時02分)

経済(9月5日)