国内外ニュース

参院委も北朝鮮への抗議を決議 核実験「容認できず」

 北朝鮮による核実験を非難する抗議決議を全会一致で採択した参院外交防衛委=5日午後  北朝鮮による核実験を非難する抗議決議を全会一致で採択した参院外交防衛委=5日午後
 参院外交防衛委員会は5日、北朝鮮による6回目の核実験を受け閉会中審査を開き、今回の核実験を「唯一の被爆国として決して容認できるものではなく、断固抗議する」との決議を全会一致で採択した。

 北朝鮮の核・ミサイル開発について「わが国の安全に対する重大かつ差し迫った新たな段階の脅威だ」と指摘。国連安全保障理事会での新たな制裁決議採択を含め、北朝鮮へのさらなる措置を取るように政府に求めた。日本人拉致問題の早期解決も要求した。

 河野太郎外相は委員会で「日米韓で連携し、中国やロシアに今まで以上の役割を果たしてもらい、北朝鮮が非核化に進むよう圧力をかけたい」と述べた。

(9月5日16時26分)

政治(9月5日)