国内外ニュース

日本生命が定年65歳に 21年度導入、経験を活用

 日本生命保険本店=大阪市中央区  日本生命保険本店=大阪市中央区
 日本生命保険は5日、職員の定年を60歳から65歳に引き上げる新雇用制度を導入する方針を明らかにした。ベテランの豊富な経験や技能を経営に生かす狙いがある。2021年度実施を目指す。

 総合職などの約1万5千人が対象。8月末に労働組合に提示し、職責に応じた待遇などを今後労使交渉する。

 現状では、60歳で定年を迎えた職員は約6割が再雇用制度を利用して働いている。ただ仕事内容は顧客対応や補助的な役割などに限定され、待遇は定年前を大きく下回っている。

 新制度は、再雇用制度よりも業務の幅を広げる。特に優秀で希望する職員は65歳以降も働ける制度を今後検討する。

(9月5日17時16分)

暮らし・話題(9月5日)