国内外ニュース

台湾行政院長に台南市長を起用 蔡政権、支持率回復狙う

 台湾の新行政院長に頼清徳台南市長(右)の起用を発表した蔡英文総統(中央)。左は林全前院長=5日、台北市内の総統府(共同)  台湾の新行政院長に頼清徳台南市長(右)の起用を発表した蔡英文総統(中央)。左は林全前院長=5日、台北市内の総統府(共同)
 【台北共同】台湾の蔡英文総統は5日、総統府で記者会見し、新行政院長(首相)に頼清徳台南市長(57)を起用すると発表した。人気のある民主進歩党(民進党)ホープの登用で、支持率が低迷する蔡政権の浮揚を狙う。ただ頼氏は台湾独立志向が強いことで知られ、中国との摩擦を招く懸念もある。

 蔡氏は辞任した林全前院長の1年3カ月余りの労苦をねぎらった後、政治経験が豊富な頼氏を「傑出した実行力がある」と紹介。共に会見した頼氏は林氏が進めてきた新産業育成やエネルギー構造転換などの改革を深化させる決意を表明した。新内閣が8日に発足する見込み。

(9月5日18時36分)

国際(9月5日)