国内外ニュース

「遊んでるとき見掛けた」 茨城大生殺害容疑の男

 2004年1月に茨城大農学部2年の女子学生=当時(21)=が殺害された事件で、殺人と強姦致死容疑で逮捕されたフィリピン国籍のランパノ・ジェリコ・モリ容疑者(35)=岐阜県瑞穂市=が、調べに対し「仲間と遊んでいるときに女子学生を見掛けて犯行に及んだ」という趣旨の供述をしていることが5日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、ランパノ容疑者は女子学生と面識がなかったとみられ、県警は国際手配した比国籍の33歳と31歳の男と突発的に犯行に及んだとみて調べている。

(9月5日21時22分)

社会(9月5日)