国内外ニュース

シリア東部で包囲線突破 政権軍、イスラム国に攻勢

 【カイロ共同】シリアのアサド政権軍は5日、過激派組織「イスラム国(IS)」が支配していた東部の要衝デリゾールに進軍し、ISの包囲線を突破した。シリア国営メディアが報じた。ISの本拠地だった北部ラッカに加え、主要幹部らの逃亡先とされるデリゾールでも地上戦が本格化し、ISの劣勢がさらに鮮明になった。

 デリゾールは2014年から、ISが政権軍部隊や民間人らを包囲していた。

 ラッカでは民兵組織「シリア民主軍(SDF)」がISの掃討作戦を展開中。アサド政権軍がデリゾールを制圧すれば、ISは隣国イラクを含め、主要な拠点をほぼ失うことになる。

(9月6日0時50分)

国際(9月6日)