国内外ニュース

4島空路墓参、来年以降も継続 日ロ首脳会談で確認へ

 日ロ両政府は、今月下旬に初めて実施される北方領土の元島民による4島への空路墓参について、1回だけで終わらせず来年以降も続けていく方向で調整に入った。当局間協議で継続して実施しても問題は生じないと判断したとみられる。安倍晋三首相は訪ロし7日に開くプーチン大統領との首脳会談で継続実施を確認したい考え。日ロ関係筋が5日明らかにした。

 これまで初実施以降の見通しは示されていなかった。日本側は空路利用の対象について、元島民以外も参加できる交流事業などに拡大したい意向だ。領土問題進展の足掛かりにする狙いもある。

(9月6日2時11分)

政治(9月6日)