国内外ニュース

日本、W杯予選最終戦に敗れる サウジに0―1、後半失点

 サッカーW杯アジア最終予選のサウジアラビア戦で、後半に先制を許したGK川島(右から2人目)ら日本の選手たち=5日、ジッダ(共同)  サッカーW杯アジア最終予選のサウジアラビア戦で、後半に先制を許したGK川島(右から2人目)ら日本の選手たち=5日、ジッダ(共同)
 【ジッダ(サウジアラビア)共同】サッカーのワールドカップ(W杯)アジア最終予選は5日、各地で最終戦が行われ、B組1位を確定し既に6大会連続6度目の本大会出場を決めている日本はアウェーでサウジアラビアに0―1で敗れた。

 気温30度超、湿度は80%に迫る過酷な環境で、日本は後半18分に先制を許した。杉本(C大阪)久保(ヘント)を投入したが追い付けず、無得点での黒星はハリルホジッチ監督就任以降初めて。6勝2分け2敗の勝ち点20で全日程を終えた。

 サウジアラビアは勝ち点19の2位で3大会ぶり5度目のW杯。オーストラリアは得失点差で及ばず3位。

(9月6日7時42分)

サッカー(9月6日)