国内外ニュース

韓国とのFTA破棄に反対 米上下院幹部が声明

 【ワシントン共同】米議会上下院の幹部は5日、トランプ米政権が検討しているとされる韓国との自由貿易協定(FTA)の破棄に反対する共同声明を発表した。北朝鮮による核実験を受け、米韓の強固な同盟関係の重要性が高まったとし「同盟の中核を成すFTAを破棄してはならない」と指摘した。

 トランプ政権は韓国に対する貿易赤字の削減を目的にFTAの見直しを求めているが、韓国は応じていない。複数の米メディアが「トランプ政権は協定の破棄を検討している」と報じた。

 声明は、議会で通商政策を担当する上院財政委員会のハッチ委員長や下院歳入委員会のブラディ委員長らがまとめた。

(9月6日5時11分)

経済(9月6日)