国内外ニュース

核実験場周辺で地滑り多数 米大分析サイト、爆発威力反映か

 9月4日に撮影された北朝鮮・豊渓里にある核実験場周辺の衛星写真(プラネット/38ノース提供・共同)  9月4日に撮影された北朝鮮・豊渓里にある核実験場周辺の衛星写真(プラネット/38ノース提供・共同)
 【ワシントン共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」は5日、北朝鮮による3日の核実験前後に撮影した商業衛星写真を比較し、北朝鮮北東部豊渓里の核実験場周辺で核実験後に多数の地滑りが起きたことを確認したと発表した。

 38ノースは「過去5回の核実験では見たことのない数と規模だ」と指摘している。6回目の核実験の爆発規模は過去最大で、爆発の威力を反映しているとみられる。

(9月6日6時35分)

国際(9月6日)