国内外ニュース

日産、EV新型「リーフ」公開 1回充電400キロ走行

 公開された日産自動車の電気自動車「リーフ」の新型モデル=6日午前、千葉市の幕張メッセ  公開された日産自動車の電気自動車「リーフ」の新型モデル=6日午前、千葉市の幕張メッセ
 日産自動車は6日、電気自動車(EV)「リーフ」新型モデルを初公開した。10月2日に発売する。1回の充電で走行できる距離を400キロに延ばすなど電気自動車の弱点の克服に力を注ぎ、使い勝手を向上させた。加速といった走行性能も進化させ、普及拡大を狙う。

 EVを巡っては、米テスラが販売を伸ばしているほか、トヨタ自動車やホンダも開発を急いでいる。先行する日産の新型車投入で主導権争いが激化しそうだ。

 日産は2010年に初代リーフを発売、今回が初の全面改良となる。

 国内で販売する車両は追浜工場(神奈川県横須賀市)で生産。米国で12月、欧州では来年1月に売り出す予定だ。

(9月6日9時35分)

経済(9月6日)