国内外ニュース

JR土佐新荘駅、ゆるキャラ一色 高知・須崎のしんじょう君

 デザインが改装されたJR土佐新荘駅の待合所前で、記念写真に納まる「しんじょう君」と子どもたち=6日午前、高知県須崎市  デザインが改装されたJR土佐新荘駅の待合所前で、記念写真に納まる「しんじょう君」と子どもたち=6日午前、高知県須崎市
 JR四国が、土佐新荘駅(高知県須崎市)の待合所を、昨年の「ゆるキャラグランプリ」で優勝した同市のご当地キャラクター「しんじょう君」のデザインで一新した。記念式典が6日開かれ、しんじょう君も「みんなが撮影してくれたらうれしいよー」と上機嫌。

 土佐新荘駅は、1979年に国内で最後にニホンカワウソが目撃され、しんじょう君の名前の由来となった新荘川の近く。無人駅で駅舎はない。

 待合所の外壁(高さ約2メートル、幅約6メートル)に、しんじょう君がほほ笑む顔が描かれ、ベンチが置かれたホーム側の壁は、JR四国のイメージキャラクターと一緒に遊ぶ姿をデザインした。

(9月6日13時11分)

暮らし・話題(9月6日)