国内外ニュース

俳優の土屋嘉男さんが死去 黒沢映画で活躍

 死去した土屋嘉男さん  死去した土屋嘉男さん
 「七人の侍」など黒沢明監督作品の常連だった俳優の土屋嘉男(つちや・よしお)さんが、2月8日に肺がんのため死去していたことが6日、分かった。89歳。山梨県出身。葬儀・告別式は近親者で行った。

 「七人の侍」の若い農民役で注目された。以後も「蜘蛛巣城」「用心棒」「椿三十郎」「赤ひげ」など、黒沢作品に欠かせない存在となった。

 著書「クロサワさーん!」で、黒沢監督との交流や「七人の侍」製作時の裏話をつづり、日本映画の黄金時代を生き生きと描いた。ほかに、成瀬巳喜男監督の「コタンの口笛」、岡本喜八監督の「日本のいちばん長い日」など出演作多数。

(9月6日14時45分)

文化・芸能(9月6日)