国内外ニュース

沖縄・宜野湾市長が10月訪米へ 普天間飛行場の返還時期ただす

 米軍普天間飛行場を抱える沖縄県宜野湾市の佐喜真淳市長が10月22~29日の日程で米国を訪問することが分かった。2013年の日米合意で「22年度またはその後」とされた普天間飛行場の返還時期について米政府関係者に問いただす。複数の市関係者が6日、明らかにした。

 普天間飛行場の返還時期は、日米合意で3年ごとに更新するとしている。返還は名護市辺野古への移設が前提で、沖縄県の反対で遅れている現状を踏まえて見直されるかが注目されている。ハリス米太平洋軍司令官は昨年2月、移設は25年にずれ込むとの見通しを示している。

(9月6日17時10分)

政治(9月6日)