国内外ニュース

バドミントン男子単、桃田が優勝 全日本社会人

 男子シングルス決勝で、坂井一将と対戦する桃田賢斗=広島県立総合体育館  男子シングルス決勝で、坂井一将と対戦する桃田賢斗=広島県立総合体育館
 バドミントンの全日本社会人選手権最終日は6日、広島県立総合体育館で行われ、男子シングルスは元世界ランキング2位で、5月に違法賭博問題による出場停止処分が解除された桃田賢斗(東京)が4連覇を狙った坂井一将(東京)を下し、4年ぶり2度目の優勝を果たした。

 女子ダブルスは志田千陽、松山奈未組が世界選手権代表の福万尚子、与猶くるみ組との熊本勢対決を制して初優勝。女子シングルスは峰歩美(熊本)が、2連覇を目指した鈴木温子(東京)を下した。男子ダブルスは橋本博且、佐伯祐行組(福井)、混合ダブルスは高階知也(大阪)江藤理恵(岐阜)組が制した。

(9月6日17時37分)

スポーツ(9月6日)