国内外ニュース

NY株反発、54ドル高 米債務不履行回避を好感

 【ニューヨーク共同】6日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日比54・33ドル高の2万1807・64ドルで取引を終えた。

 北朝鮮を巡る情勢の緊迫化やカリブ海の大型ハリケーン「イルマ」への警戒感がある中で、トランプ米大統領と与野党の議会執行部が政府の債務不履行回避で合意。これが好感され、買い注文が優勢だった。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数も17・74ポイント高の6393・31と反発した。

 ダウの個別銘柄では、住宅用品販売のホームデポや石油のシェブロンが高かった。航空機器のユナイテッド・テクノロジーズは売られた。

(9月7日6時15分)

経済(9月7日)