国内外ニュース

新司令官「問題点、迅速に正す」 事故相次ぐ米第7艦隊

 神奈川県横須賀市の上地克明市長(左)を表敬訪問した米海軍第7艦隊のフィリップ・ソーヤー司令官=7日午前  神奈川県横須賀市の上地克明市長(左)を表敬訪問した米海軍第7艦隊のフィリップ・ソーヤー司令官=7日午前
 米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)を拠点とする第7艦隊の司令官に就任したフィリップ・ソーヤー中将は7日、横須賀市の上地克明市長を表敬訪問し、第7艦隊で相次ぐ事故について「問題点を調べており、正さなければならないところを迅速に正す」と語った。

 第7艦隊では、6月に静岡県・伊豆半島沖、8月にシンガポール近くのマラッカ海峡東方で乗組員が死亡するイージス艦の衝突事故が起きた。8月23日にジョセフ・アーコイン前司令官が解任され、太平洋艦隊副司令官だったソーヤー氏が後任に就いた。

 上地市長は「(艦船が)安全に、かつ安定的に運用されることを希望する」と述べた。

(9月7日11時17分)

社会(9月7日)