国内外ニュース

北朝鮮の発射に備えPAC3訓練 空自、米軍三沢基地で

 航空自衛隊が青森県の米軍三沢基地で行ったPAC3の展開訓練=7日午前  航空自衛隊が青森県の米軍三沢基地で行ったPAC3の展開訓練=7日午前
 航空自衛隊は7日、北朝鮮の弾道ミサイル発射に備え、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を展開する訓練を青森県三沢市の米軍三沢基地で行った。日米一体となった迎撃態勢を示し、発射を繰り返す北朝鮮をけん制するのが狙いだ。

 訓練では空自車力分屯基地(同県つがる市)のPAC3部隊約30人が三沢基地内に発射機を設置し、電源車に接続する手順を確認した。

 米軍基地での同様の訓練は、北朝鮮のミサイルが北海道上空を通過した8月29日に横田基地(東京都)と岩国基地(山口県)で実施したのに続き3カ所目。

(9月7日11時27分)

社会(9月7日)