国内外ニュース

東証午前終値、1万9430円 米株高で反発、円高一服も好感

 7日午前の東京株式市場は、米株高と円高の一服を好感し、日経平均株価(225種)は反発した。上げ幅は一時100円を超えた。

 午前終値は前日終値比72円22銭高の1万9430円19銭。東証株価指数(TOPIX)は9・35ポイント高の1601・35。

 前日のニューヨーク株式市場は、トランプ米大統領と与野党の議会執行部が政府の債務不履行回避で合意したことを受け、反発した。東京市場もこの流れを引き継いだ。

 外国為替市場で、ドルを買って円を売る動きが進んだことも追い風となった。

(9月7日11時55分)

経済(9月7日)