国内外ニュース

帯状疱疹の新薬開発 富山大とアステラス製薬

 富山大とアステラス製薬(東京)の研究グループは、帯状疱疹治療の新薬「アメナメビル」を開発したと、7日発表した。従来薬に比べ1日の服用回数が少なく、錠剤も小さいため、発症しやすい高齢者が飲みやすいのが特長。製薬会社マルホ(大阪市)が同日から販売を始めた。

 開発に携わった富山大医学部の白木公康教授(臨床ウイルス学)は「患者の服用の負担が減るのは画期的。帯状疱疹治療の標準薬になることが期待される」と話す。口唇ヘルペスなどの単純ヘルペス治療にも応用できる可能性があるという。

(9月7日12時22分)

医療・健康(9月7日)