国内外ニュース

営業自粛の総菜店が再開 ポテトサラダ食中毒

 埼玉、群馬両県の系列総菜店で購入したポテトサラダなどを食べた人が腸管出血性大腸菌O157に感染した集団食中毒で、営業を自粛していた総菜店「でりしゃす」全17店舗が7日、営業を再開した。

 経営するフレッシュコーポレーション(群馬県太田市)によると、これまで量り売りだった総菜を、サラダ類のみパック詰めで販売。サラダ類の専用調理室も新設した。

 でりしゃすは栃木、埼玉、群馬各県に店舗があり、8月24日から営業を自粛していた。

(9月7日13時06分)

社会(9月7日)