国内外ニュース

対北圧力は無意味とロ大統領 米国や日本をけん制

 東方経済フォーラム全体会合で演説するロシアのプーチン大統領=7日、ウラジオストク(共同)  東方経済フォーラム全体会合で演説するロシアのプーチン大統領=7日、ウラジオストク(共同)
 【ウラジオストク共同】ロシアのプーチン大統領は7日、核・ミサイル開発を加速させる北朝鮮問題に関し「軍事圧力は何も生み出さない」と述べ、圧力を強める米国や日本をけん制した。同時に「外交手段こそが唯一の正しい方法だ。対話を始め、協力する用意があると伝えるべきだ」と述べた。

 極東ウラジオストクで開かれた東方経済フォーラムで述べた。安倍晋三首相や文在寅韓国大統領も同席した討論会での発言で、立場の違いが鮮明になった。

 ロシアが続ける北朝鮮との経済協力を巡っては「緊張状態があるのならば、監視する一方で投資は続けなければならない」と指摘した。

(9月7日20時06分)

国際(9月7日)