国内外ニュース

大リーグ、イチロー塁打で新記録 前田勝てず、青木は1安打

 ナショナルズ戦の5回、代打で中前打を放ち一塁へ向かうマーリンズのイチロー=マイアミ(AP=共同)  ナショナルズ戦の5回、代打で中前打を放ち一塁へ向かうマーリンズのイチロー=マイアミ(AP=共同)
 【マイアミ共同】米大リーグは6日、各地で行われ、マーリンズのイチローはマイアミでのナショナルズ戦の五回に代打で中前打を放ち、日米通算で王貞治(巨人)のプロ野球記録5862塁打を上回る5863塁打(日本1889、米国3974)とした。同僚の田沢は0―6の七回から登板し、2回を2安打1失点だった。チームは1―8で敗れ、4連敗。

 ドジャースの前田はダイヤモンドバックス戦に先発し、5回を4安打1失点(自責点0)、8三振で勝敗が付かず、13勝目はならなかった。チームは1―3で負け、6連敗となった。

 メッツの青木はフィリーズ戦に「2番・右翼」で3打数1安打。

(9月7日15時26分)

MLB(9月7日)