国内外ニュース

東証、米株高と円高一服で反発 北朝鮮リスクで伸び悩む

 株価を表示するボードと通行人=7日、東京都内(AP=共同)  株価を表示するボードと通行人=7日、東京都内(AP=共同)
 7日の東京株式市場は、米株高と円高の一服を好感し、日経平均株価(225種)は反発した。終値は前日比38円55銭高の1万9396円52銭だった。上げ幅は一時100円を超えたが、午後に入ると北朝鮮情勢への警戒感が強まり、伸び悩んだ。

 東証株価指数(TOPIX)は6・24ポイント高の1598・24。出来高は約15億2600万株だった。

 前日のニューヨーク株式市場は、トランプ米大統領と与野党の議会執行部が政府の債務不履行回避で合意したことを受け、反発した。東京市場もこの流れを引き継ぎ、朝方は幅広い銘柄が買われた。

(9月7日16時00分)

経済(9月7日)