国内外ニュース

欧州、緩和縮小10月決定へ 景気回復踏まえ中銀

 記者会見する欧州中央銀行のドラギ総裁=7日、ドイツ・フランクフルト(ロイター=共同)  記者会見する欧州中央銀行のドラギ総裁=7日、ドイツ・フランクフルト(ロイター=共同)
 【フランクフルト共同】欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は7日の記者会見で、国債などの資産を買って市中に資金を供給する量的金融緩和策の縮小について「おそらく10月に大部分を決めることになるだろう」と述べ、来月26日の理事会で縮小の大枠を決定する意向を示した。ユーロ圏の景気回復を踏まえた措置。米国に続き欧州もリーマン・ショック後の危機対応を終え、金融政策の正常化に向かう。大規模緩和を続ける日銀の存在が一層際立ってきた。

 ECBは今回の理事会で量的緩和の縮小に関する協議を始めたが、決定を見送り、現状政策を維持した。

(9月8日0時32分)

経済(9月8日)