国内外ニュース

日本、豪州にサヨナラ勝ち U―18W杯、2次L初戦

 オーストラリア戦の11回、サヨナラ打を放った安田(右端)を迎えるU―18日本代表。左から3人目は清宮=サンダーベイ(共同)  オーストラリア戦の11回、サヨナラ打を放った安田(右端)を迎えるU―18日本代表。左から3人目は清宮=サンダーベイ(共同)
 【サンダーベイ(カナダ)共同】野球のU―18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)は7日、カナダのサンダーベイで2次リーグが行われ、日本はオーストラリアに延長十一回タイブレークの末、4―3でサヨナラ勝ちした。1次リーグの成績を持ち越すため2勝1敗となった。オーストラリアは3敗。

 日本は2度のリードを追い付かれ、延長十回から無死一、二塁で開始するタイブレークに突入した。十回はともに無得点。十一回を3番手の田浦(熊本・秀岳館)がしのぎ、裏の攻撃で1死満塁から3番安田(大阪・履正社)が中前適時打を放った。

(9月8日5時27分)

高校野球(9月8日)