国内外ニュース

NY株反落22ドル安 金融株低迷、ディズニーも

 【ニューヨーク共同】7日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は小幅に反落し、前日比22・86ドル安の2万1784・78ドルで取引を終えた。米長期金利の低下を受けて利ざやの縮小が意識された金融のJPモルガン・チェースやゴールドマン・サックスが下落、相場全体を押し下げた。

 経営トップが慎重な利益見通しを示したと伝わった娯楽・メディアのウォルト・ディズニーも大きく売り込まれた。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は4・56ポイント高の6397・87。

 カリブ海の大型ハリケーン「イルマ」が米国経済に悪影響を与えるとの警戒感も相場の重しとなった。

(9月8日6時11分)

経済(9月8日)