国内外ニュース

スノボW杯、15歳戸塚が初優勝 ハーフパイプ第1戦

 スノーボードW杯ハーフパイプで初優勝し、表彰式で笑顔の戸塚優斗=カードローナ(共同)  スノーボードW杯ハーフパイプで初優勝し、表彰式で笑顔の戸塚優斗=カードローナ(共同)  スノーボードW杯ハーフパイプで初優勝した戸塚優斗=カードローナ(ゲッティ=共同)  スノーボードW杯ハーフパイプで初優勝した戸塚優斗=カードローナ(ゲッティ=共同)
 【カードローナ(ニュージーランド)共同】スノーボードのワールドカップ(W杯)は8日、ニュージーランドのカードローナでハーフパイプ(HP)第1戦の決勝が行われ、男子でW杯初挑戦の15歳、戸塚優斗が93・25点で初優勝した。ソチ冬季五輪銀メダルの平野歩夢は92・25点で2位に入った。

 国際スキー連盟(FIS)の資料によるとW杯の最年少優勝は2013年の平野の14歳8カ月。

 ソチ五輪3位の平岡卓は7位、片山来夢は11位。準決勝は行われず、男子決勝は16人で争われた。

 女子で、日本勢でただ一人決勝に進んだ大江光は72・00点で5位だった。

(9月8日10時40分)

スポーツ(9月8日)