国内外ニュース

井上尚弥、6度目の防衛戦へ抱負 「度肝抜く試合を」

 チャンピオンベルトをかけて挑戦者のアントニオ・ニエベス(右)とポーズを取るWBOスーパーフライ級王者の井上尚弥=カーソン(共同)  チャンピオンベルトをかけて挑戦者のアントニオ・ニエベス(右)とポーズを取るWBOスーパーフライ級王者の井上尚弥=カーソン(共同)
 【カーソン(米カリフォルニア州)共同】世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井上尚弥(大橋)が9日に米カリフォルニア州カーソンで6度目の防衛戦に臨み、同級7位のアントニオ・ニエベス(米国)と闘う。7日は試合会場近くで公式記者会見に出席し「人生を懸ける。ファンの度肝を抜くような試合をしたい」と威勢良く抱負を語った。

 24歳の井上は13戦全勝(11KO)で、米国での試合は初めて。チャンピオンベルトを日本に忘れてきたそうだが、この日の会見には間に合い「(届いたのは)数時間前。無事に届いて良かった」と苦笑しつつ説明した。

(9月8日9時51分)

スポーツ(9月8日)