国内外ニュース

東京円、108円台前半 5カ月ぶり円高水準

 8日午前の東京外国為替市場の円相場は一時、東京市場では4月中旬以来、約5カ月ぶりの円高水準となる1ドル=108円台前半で取引された。

 午前10時現在は、前日比67銭円高ドル安の1ドル=108円32~33銭。ユーロは08銭円安ユーロ高の1ユーロ=130円36~37銭。

 前日のニューヨーク外国為替市場の円相場が急伸し、一時1ドル=108円05銭をつけた流れを引き継いだ。前日は、大型ハリケーンによる米経済への悪影響や、北朝鮮情勢の緊迫化などを背景に、米長期金利が低下。日米金利差の縮小が意識され、ドルを売って円を買う動きが優勢だった。

(9月8日10時26分)

経済(9月8日)