国内外ニュース

警視総監に吉田氏 沖田氏は勇退

 警視庁の沖田芳樹警視総監(60)が退任し、後任の第94代警視総監に警察庁の吉田尚正刑事局長(56)を起用する人事が8日の閣議で了承された。15日付で発令。

 吉田氏は東大卒。1983年に警察庁に入り、警備企画課長、警視庁刑事部長、福岡県警本部長などを歴任し、2016年8月に刑事局長に就任。警備、刑事の両部門に精通している。広島県出身。

 福岡県警では前任者に引き続き、特定危険指定暴力団に唯一、指定されている工藤会(北九州市)のトップら幹部を逮捕する「頂上作戦」を指揮した。

 刑事司法改革では取り調べ可視化に向け、16年秋から原則的に全過程可視化の試行を始めた。

(9月8日11時27分)

社会(9月8日)