国内外ニュース

メキシコ南西沖でM8・1 死者35人、沿岸で津波観測

 7日夜、メキシコ市で地震発生後に路上に集まった人々(ロイター=共同)  7日夜、メキシコ市で地震発生後に路上に集まった人々(ロイター=共同)  8日、メキシコ市で地震発生後、屋外に退避する人々(ロイター=共同)  8日、メキシコ市で地震発生後、屋外に退避する人々(ロイター=共同)  メキシコ南部オアハカ州で、地震により壊れた庁舎でがれきを撤去する兵士=8日(AP=共同)  メキシコ南部オアハカ州で、地震により壊れた庁舎でがれきを撤去する兵士=8日(AP=共同)
 【ロサンゼルス共同】米地質調査所(USGS)によると、メキシコ南西沖で7日午後11時49分(日本時間8日午後1時49分)ごろ、マグニチュード(M)8・1の地震が発生した。震源の深さは約70キロ。ロイター通信などによると、メキシコで34人、隣国グアテマラで1人が犠牲となり、死者数は計35人となった。

 メキシコ南部などで数百の建物が崩壊するなどしたとみられ、死者は増える可能性がある。日本の気象庁によると、津波による日本での被害の心配はないという。

 米ハワイの太平洋津波警報センターによると、メキシコ南部オアハカ州などで8日、最大約1メートルの津波が観測された。

(9月9日2時06分)

国際(9月9日)