国内外ニュース

カーリング、LS北見が大勝発進 平昌五輪女子代表決定戦

 中部電力―LS北見 第1エンド、ショットを放つLS北見・藤沢。左は吉田夕、右は鈴木=アドヴィックス常呂カーリングホール  中部電力―LS北見 第1エンド、ショットを放つLS北見・藤沢。左は吉田夕、右は鈴木=アドヴィックス常呂カーリングホール
 カーリングの平昌冬季五輪女子日本代表決定戦第1日は8日、北海道北見市のアドヴィックス常呂カーリングホールで行われ、昨年の世界選手権2位のLS北見が今年の日本選手権覇者の中部電力に9―1で大勝した。先に3勝したチームが五輪代表に決まる。

 LS北見は第1、第2エンドで連続得点して優位に試合を進めた。第6エンドにストーンをハウス(円)内にうまくちりばめ、不利な先攻ながら4点を奪って大勢を決めた。中部電力はスキップ松村が要所でショットの精度を欠き、相手に4度のスチールを許した。

 両チームとも代表に決まれば初の五輪出場。9日は2試合が行われる。

(9月8日16時02分)

スポーツ(9月8日)