国内外ニュース

故羽田孜元首相の合同葬 前原氏「政治改革に情熱」

 羽田元首相の合同葬儀で、弔辞を述べる葬儀委員長の前原民進党代表=8日午後、東京都港区の青山葬儀所(代表撮影)  羽田元首相の合同葬儀で、弔辞を述べる葬儀委員長の前原民進党代表=8日午後、東京都港区の青山葬儀所(代表撮影)
 8月28日に82歳で死去した羽田孜元首相の民進党と羽田家の合同葬が8日午後、東京・南青山の青山葬儀所で営まれた。民進党の前原誠司代表が葬儀委員長を務め、伊達忠一参院議長らが弔辞を読んだ。前原氏は「政治改革、二大政党制の実現へ情熱を傾けた。政治家としてぶれない姿勢だった」と羽田氏をしのんだ。

 友人代表の小沢一郎自由党共同代表は「君はいなくなったが、残ったみんなで力を合わせ、もう一度政権交代を実現したい」と悼んだ。合同葬には、安倍晋三首相や自民党の二階俊博幹事長ら約2千人が参列した。

(9月8日16時51分)

政治(9月8日)