国内外ニュース

学校の安全計画見直し要請 北朝鮮ミサイルで文科省

 北朝鮮が弾道ミサイル発射を繰り返す中、文部科学省は8日、万が一の事態に備え、児童生徒や学生の安全確保に向けて各学校に安全計画や危機管理マニュアルの見直しのほか、自治体と連携した避難訓練の推進を求める文書を全国の教育委員会や大学などに送った。

 文書では、全国瞬時警報システム(Jアラート)が作動した際の子どもの避難誘導など、安全確保策は全教職員で共通理解を図るよう要請。一方、保護者や子どもを必要以上に不安にさせないよう十分な配慮も必要だとし、Jアラートが作動した場合に休校とするかどうかは事前に決めておく対応も記した。

(9月8日18時02分)

社会(9月8日)