国内外ニュース

日米韓、北のICBM発射警戒 9日建国記念日、挑発阻止へ圧力

 北朝鮮の労働新聞が8日掲載した、江原道で7日に開かれた「水爆実験成功」を祝う大会の写真(コリアメディア提供・共同)  北朝鮮の労働新聞が8日掲載した、江原道で7日に開かれた「水爆実験成功」を祝う大会の写真(コリアメディア提供・共同)
 【北京共同】北朝鮮は9日、建国69周年の記念日を迎えた。同国内では最近、大陸間弾道ミサイル(ICBM)が移動した形跡があるとの情報もあり、日米韓は、6回目の核実験を強行した北朝鮮が日本上空を通過するICBM発射など挑発行動に出る恐れもあるとみて監視を強化。国連安全保障理事会での新たな制裁決議の早期採択に向け、中国やロシアを含め国際社会への働き掛けを加速、北朝鮮への圧力を強める方針だ。

 韓国の李洛淵首相は7日、具体的な根拠は示さず「建国記念日の9日にICBMを通常角度で発射するという予測もある」と述べ、太平洋に向けて発射する可能性があるとの認識を示した。

(9月9日0時46分)

国際(9月9日)