国内外ニュース

猪木氏、北朝鮮外交トップと会談 日朝関係議論か

 北朝鮮・平壌で朝鮮労働党の李洙ヨン副委員長(左)と握手するアントニオ猪木参院議員=8日(共同)  北朝鮮・平壌で朝鮮労働党の李洙ヨン副委員長(左)と握手するアントニオ猪木参院議員=8日(共同)
 【平壌、北京共同】北朝鮮を訪問しているアントニオ猪木参院議員は8日、朝鮮労働党で国際部門を統括する李洙ヨン副委員長と平壌で会談した。スポーツ交流を中心に日朝関係を話し合ったほか、北朝鮮が実施した核実験や弾道ミサイル発射についても意見交換した可能性がある。

 猪木氏は会談冒頭、北朝鮮の挑発行動などにより朝鮮半島で緊張が高まっていることを念頭に「こういう時期だから訪朝しなければならない」と述べた。

 李氏は朝日友好親善協会の顧問を務めている。金正恩党委員長のスイス留学を世話し、金氏の信頼が厚いとされる。会談には同協会会長の劉明善党副部長も同席した。

(9月8日20時06分)

国際(9月8日)