国内外ニュース

ハンドボール監督の処分取り消す 手続き不備でスポーツ仲裁機構

 日本スポーツ仲裁機構(JSAA)は8日、指導者として全国大会優勝経験もある高校の男子ハンドボール部監督が、部員への暴力を理由に日本協会から受けた3カ月の指導停止処分を不服とした申し立てを認め、処分を取り消す裁定を下した。協会は裁定に従うとしている。

 協会は通報窓口への連絡をきっかけに調査を開始。聞き取りで監督も暴力を認めたとして、6月の理事会で処分を決めた。しかし被害にあった部員への聞き取りがなく、監督への処分通知書に具体的な事実の記載もないことなどから、JSAAは手続きの不備を理由に処分を取り消した。

(9月8日20時16分)

スポーツ(9月8日)