国内外ニュース

小泉元首相「拉致進展なく残念」   被害者の地村さんと面会

 帰国から15年を迎える地村保志さん(右)と握手する小泉元首相=8日午後、福井県小浜市  帰国から15年を迎える地村保志さん(右)と握手する小泉元首相=8日午後、福井県小浜市
 小泉純一郎元首相は8日、福井県小浜市を訪れ、北朝鮮による拉致被害者で、帰国から15年を迎える地村保志さん(62)と面会した。小泉氏は「まだどのくらい(被害者が)いるか分からない。15年たつが進展がなく非常に残念だ」と述べた。

 小泉氏はこの日、地元の市民有志の招きで、自身が掲げる「原発ゼロ」政策などについて講演するため同市を訪問。地村さんは小泉氏に対し「小浜に来られるということで、このような場をつくっていただいた。家族一同で元気にやっています」と謝意を示した。

 2002年9月に小泉氏が日本の首相として初めて訪朝し、地村さんら拉致被害者5人の帰国が実現した。

(9月8日20時36分)

社会(9月8日)