国内外ニュース

密漁取締船、最新鋭の3隻投入へ 外国漁船の違法操業相次ぎ

 東シナ海で韓国漁船(手前)に取締船(右奥)から立ち入り検査に向かう水産庁の職員=2016年11月(水産庁提供)  東シナ海で韓国漁船(手前)に取締船(右奥)から立ち入り検査に向かう水産庁の職員=2016年11月(水産庁提供)
 日本の排他的経済水域(EEZ)内などで外国漁船の違法操業が相次いでいるため、水産庁は9日までに、2018年度に最新鋭の密漁取締船3隻を投入する計画をまとめた。北朝鮮や韓国、中国船などの活発な操業や高性能化に対抗する。また、日本海に配備している取締船の後継船の建造にも着手し、20年度の完成を目指す。

 取締船の更新を含む外国漁船対策の関連費全体で、18年度予算の概算要求に207億円を計上した。17年度当初予算比で56・5%も多い額だが、水産庁は水産資源を守る重要性を主張して財務省と折衝する方針だ。

(9月9日10時16分)

経済(9月9日)