国内外ニュース

北朝鮮制裁、11日採決へ 安保理、異例の短期交渉

 北朝鮮の建国69周年の記念日を迎え、故金日成主席と故金正日総書記の銅像が立つ平壌の「万寿台の丘」を訪れた市民=9日(共同)  北朝鮮の建国69周年の記念日を迎え、故金日成主席と故金正日総書記の銅像が立つ平壌の「万寿台の丘」を訪れた市民=9日(共同)
 【ニューヨーク、北京共同】米国の国連代表部は8日、6回目の核実験を実施した北朝鮮に対する国連安全保障理事会の制裁決議案の採決を11日に行うよう安保理に改めて要請する意向を伝えたと発表した。採決は要請通り実施される見通し。米国は4日の安保理緊急会合で1週間という異例の短い交渉期間を設定し、中国とロシアに譲歩を迫っていた。

 一方、北朝鮮は9日、建国69周年の記念日を迎えた。北朝鮮で重視される政治的節目の一つで、朝鮮労働党機関紙、労働新聞は1面で「わが国は原爆、水爆と共に大陸間弾道ミサイル(ICBM)まで保有した核強国だ」と強調した。

(9月9日13時11分)

国際(9月9日)