国内外ニュース

米女子ゴルフ、上原13位に浮上 第2日、首位と7打差

 第2ラウンド、ホールアウトし笑顔の上原彩子。通算8アンダーで13位に浮上=ブリックヤードクロッシングGC(共同)  第2ラウンド、ホールアウトし笑顔の上原彩子。通算8アンダーで13位に浮上=ブリックヤードクロッシングGC(共同)
 【インディアナポリス(米インディアナ州)共同】米女子ゴルフのインディ女子インテック選手権は8日、インディアナ州インディアナポリスのブリックヤードクロッシングGC(パー72)で第2ラウンドが行われ、19位で出た上原彩子は5バーディー、1ボギーで連日の68をマークし、通算8アンダー、136で13位に上がった。首位とは7打差。70だった畑岡奈紗は3アンダーで46位。

 74の横峯さくらは1オーバーで予選落ちした。宮里美香は臀部の故障で棄権した。

 64をマークしたリディア・コ(ニュージーランド)が通算15アンダーでレキシー・トンプソン(米国)と首位に並んだ。

(9月9日10時02分)

ゴルフ(9月9日)