国内外ニュース

平昌パラ開幕まで半年 進む準備、北参加は暗礁

 平昌冬季パラリンピックのアルペン、スノーボード会場=3月、韓国・平昌(共同)  平昌冬季パラリンピックのアルペン、スノーボード会場=3月、韓国・平昌(共同)
 【ソウル共同】来年3月の平昌冬季パラリンピック開幕まで9日であと半年となった。8日には聖火リレーの日程が発表されるなど、韓国初開催となる冬の障害者スポーツの祭典へ準備が進む。

 五輪と同じ施設を使う競技会場や開閉会式の会場はほぼ完成。今後は会場周辺に比べて遅れている市内のバリアフリー対策や運営態勢の整備が課題となる。3月開催で気温上昇と雪不足が懸念されるが、聯合ニュースによると大会組織委員会の李熙範会長は事前に雪を保存しておくなど「さまざまな状況に備えている」と説明した。

 韓国の文在寅政権が推し進める北朝鮮の参加は、核・ミサイル問題で暗礁に乗り上げた格好。

(9月9日17時17分)

国際大会(9月9日)