国内外ニュース

ショート、吉永と菊池純が代表へ スピードスケートW杯選考会

 男子1500メートルで1位になりW杯代表入りが決まった吉永一貴=帝産アイススケートトレーニングセンター  男子1500メートルで1位になりW杯代表入りが決まった吉永一貴=帝産アイススケートトレーニングセンター
 スピードスケート・ショートトラックのワールドカップ派遣選手選考競技会第2日は9日、長野県の帝産アイススケートトレーニングセンターで行われ、男子1500メートルは愛知・名古屋経大市邨高3年の吉永一貴が制し、女子1500メートルで2位だった菊池純礼(トヨタ自動車)とともにW杯代表入りを決めた。2人は全日本距離別選手権の成績と合わせた距離別ランキングで1位となり、日本スケート連盟の選考基準を満たした。

 男子1000メートルはソチ冬季五輪代表の坂爪亮介(タカショー)がトップ。女子は斎藤仁美(オーエンス)が1000メートル、1500メートルでともに1位となった。

(9月9日18時17分)

スポーツ(9月9日)