国内外ニュース

ハンドボール協会、事務局長解任 不適切会計で会長と副会長も辞任

 日本ハンドボール協会は9日、都内で開いた臨時理事会後に記者会見を開き、日本スポーツ振興センターの助成金事業で不適切な会計処理があったとして、同日付で会計責任者だった事務局長の契約を打ち切ったことを明らかにした。事実上の解任となり、7期務めた渡辺佳英会長と、元日本代表の蒲生晴明副会長兼専務理事も「事案を重く受け止める」として辞任した。

 渡辺会長が6月の評議員会で一部幹部らの組織運営に問題があったとして緊急の解任動議を提出したことを受け、弁護士ら外部メンバーによる第三者委員会が調査していた。この日報告された調査結果により、不適切な会計処理が認められた。

(9月9日21時32分)

スポーツ(9月9日)